さくらい歯科医院 宮城県仙台市青葉区霊屋下2-10 朝日プラザ広瀬川1F Tel.022-393-6480 歯桜くんのおうち

トップページ > 院長のスマイル伝言板

院長のスマイル伝言板

そろそろG.W. 2021/04/28
皆様こんにちは。コロナ禍2年目いかがお過ごしでしょうか。蔓延防止法のために、ますますちじこまった生活を過ごされていると思います。僕も4人以下の飲み会(父と家族で)も控え気味で、つまらない日々です。20時までお店はやっているとは思いますが、アルコール関係は19時でオーダーストップと言われました。普段の診療が18時半までなので、さすがにお酒を飲みに出かける気になれません。だって30分しかないし、移動時間を考えるとほぼゼロという事になります。先日、今シーズン初めて楽天イーグルスの観戦にスタジアムに行きましたが、球場に着いた時点で18時50分くらいで、楽天のスタジアムはアルコール類は18:45までらしく、全くのノンアルコールになりました。ナイトゲームだったので寒かったし、試合の内容も楽天の方が淡々と三者凡退を繰り返すゲーム展開で、子供も一緒だったのでグリコパークで遊んでいる時間の方が試合を見ている時間より長かった気がします。
 明日4/29からいわゆるGWが始まりますね。皆様は何か計画ありますか?うちの患者様で家族で宮古島に行かれるという方がいらっしゃいましたが、うらやましいです(^^)/ 沖縄にも行った事がありませんので、全くの未知の世界ですが純粋に『いいなぁ〜』という感想です。昨年のGWもつまらなかったですが、さて今年は何をしようかなぁ...僕は何の計画もありません(*_*;
 とりあえず、コロナに気をつけながら皆様も僕も良いGWになりますように!

編集後記より(後半) 2021/04/13
内容は割愛しますが、その過酷な作業は思いのほか自分としてすんなり受け入れられました。歯科医師としての使命感だったのか、僕なんかでも何かの役に立てているという充実感だったのか、当時宮城県医師会の仕事をしていた父から、歯科医師会としてのご遺体チェックの活動を労われて嬉しかったのか、理由は分かりませんが宮歯から頼まれれば診療日を臨時休診にして参加致しました。どこの安置所に行った時かは忘れましたが、ボランティアでお越しになった大阪府歯科医師会の先生方と一緒になった事がありました。昼の休憩時間の時にその先生方と少しお話しましたが、ほとんど被害の無い大阪からわざわざ東北までなぜお越しになったのですか?とお聞きすると、その先生は『神戸の震災の時に東北地方の先生方にお世話になったから、今回は僕らの番だと思って来ました』と仰っていました。10年経っても、いや一生忘れないとても心温まる言葉でした。まさに人と人が支えあう美しさで、僕もいつも誰かに支えられて生きていて、僕が誰かを支えてあげられる時は全力で支えたいと思いました。
東日本大震災から10年が経った今は、さらにコロナ禍に遭って皆がもがいています。コロナも地震と同じ自然災害と言っていいのか分かりませんが、少しでも早くこの困難な時を皆で支えあって乗り越えていきたい、乗り越えないといけないと強く思っております。僕が出来る事は小さな事ですが、それを続けていく事が重要なんだと思っています。

広報委員会・副委員長 桜井康全 記

編集後記より(前半) 2021/04/13
皆様こんにちは。コロナ禍真っ只中ですが、いかがお過ごしですか?今回は、私が書いた仙台歯科医師会会報4月号(令和3年)の編集後記を貼ります。この伝言板は文字数制限がありますので、前後半に分けさせて頂きます。私は10数年前から仙台歯科医師会広報委員会の一委員を務めておりまして、5ヶ月に一度編集後記を書いております。もしよろしければ、ご一読下さい。
(以下、編集後記・前半)
仙台歯科医師会会員の先生方こんにちは。日頃より仙歯会報をお読み下さりありがとうございます。今月の会報の編集後記は私の番であります。
この文章を作成しているのは、3/12です。昨日は東日本大震災発生からちょうど10年という節目の日でした。新聞やTVで震災関係のニュースを報道していましたが、僕の印象としてはあっという間だったなぁと感じています。10年一昔といいますが、ついこの間の出来事で、振り返ると様々な事が思い出されます。
歯科医師個人として東日本大震災に関連して最も心に残っている事は、やはりご遺体のチェック作業でした。3/11(金)に地震があり翌週の月曜日に出勤できるスタッフと自院でボォーとしている時に、大学時代の同期生(太白区開業)が急に僕のクリニックに訪ねてきました。そして彼は『桜井、暇なら宮城県歯科医師会(宮歯)のご遺体チェックに行かない?』と言いました。私は確かに患者様も来院されず、暇を持て余していました。ただ震災後のために自分が何か出来ないか?と考えるような余裕がありませんでした。そんな時に同期生の一言があって、それから何度も宮歯から連絡がある度にご遺体チェックの活動に参加致しました。

前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 次のページ